読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おこめとからあげ

勢いだけで今を生きている

Travis Japanの宮近海斗くんのダンスを見て浮かんだポエムの数々をここに投げつける

またみやちかくんの記事書き始めちゃったよ!!アパーーーッ!!!と思いながら書きます。私がみやちかくんに現場でうちのめされた衝撃で書いてしまったブログに「みやちかくんの踊りを見てたら一生ポエムがかけそう」そんなことを冗談半分で書いたつもりが〜現場で彼のことを見たらまあ生まれる出てくる産出されてく私のポエムたちよ、ポエマーが暴れる、暴れるポエマー。暴れてぽちぽちツイートしてたんだけど散らばってたからポエム墓場としてポエムまとめて供養しようかなと思って。まとめよ。

 

言っとくけど、まだ何を書こうかなんて考えてもないけど先に言いたいことはこの先の文章は黒い、紛れもなく黒い、真っ黒で息継ぎしてないと思う。書きます。

まず宮近くんは踊りがうまい、それは前々から噂で聞いていた、私をジャニーズWESTの沼に放り投げた宣教師のオタクが「宮近先生は今日もダンスがすごい」って言っててその言ってた人の踊りみたら強かった、うめえ〜普通に踊りがむちゃくちゃうまい〜と思って私も宮近先生って呼んでました。よく知るまでは。名前だけ知ってた時は。踊りがうまいんだよね、待って私が宮近先生って呼んでた話をしたいんじゃない。宮近くんのダンスのどこが好きかどこでポエムが出てくるか、ポエム臭い言葉が出てきたらあとから太字にしておくね。これはTwitterでも何回も言ってるんだけど宮近くんという人間は太陽のような太陽のマテ茶って感じに太陽のような男の子だと思っていたのですが踊ってる時が月の光の中に消えてしまいそうな横顔で踊ってる時があってそういうのを見ると本当に世界に吸い込まれてしまうし消えないで…!?!って追いかけたくなるんですよね、そうやって双眼鏡で追いかけ続けることになる。あと本当に感受性が豊か、きっと多分宮近くんという人間が感受性が豊かで周りの空気を人よりも強く察知しやすい(と勝手に思ってる)みたいなところも含めて(?)感受性が豊かでその感受性の豊かさが歌詞にストーリー性がある歌になればなるほど全面的に出てきていて、なんでしょうか、本当に考察厨みたいな踊り…私は宮近くんに“僕が読み解くVanillaの世界”っていうタイトルではてなブログかnote書いてほしいよ。Vanillaは解釈厨みたいな歌詞に載ってるフレーズだけではなくて歌詞から世界を想像しその世界から些細な情報でも拾い集めて小さな音でも拾って、その自分が広げた歌の世界を身体を使って踊っていると思うんだけど踊ってるだけじゃなくて身体で歌っているというようにも感じれて…ああ〜めっちゃ好きだな〜うわ〜そうなんだよそういうのが本当に好き…私の感情が零れてしまった、宮近くんのダンス見てると考察厨ポエマーになるな…ほんとに…。繊細なんだよな〜、見ていて繊細で美しくて強いけど1つ織り込む紐を間違えるとまた違うみたいな…うまく言葉に出来ないもどかしさ〜

あと本当に踊ることが好きなんだなぁって言うのが見れば見るほど踊ってる姿から踊りが好き!っていう感情が零れてきててそれも見ていてとっても楽しい。シャワーゲートで「そう思い通りに\テケテンッ/」とか「ただ甘いだけの\チュィーン/」とか、テケテンッとかチュィーンで思わず口がその入ってくる音まで口ずさんでしまったりリズムに乗せて指をくるんっとさせたりとか自然と身体が勝手に音を拾うちゃうんだな〜身体がそう動いちゃうんだろうなぁ〜踊るのがほんとに好きなんだろうな〜とか本当に見ていて楽しかった。えび座の感想大会はじまってきた。。。笑

ともかく楽しそうで楽しそうで〜。ステージの上に立つ以上アイドルとしての自覚を〜みたいなそういう意志よりも先に宮近くんは踊ることが好き。ステージに立つことが好き。人に踊ってる姿を見てもらうのが好き。ダンスをするというには細かいディティールまで自分が納得するまでこだわりたいし人に見せるのだとしたら綺麗に美しくかっこよく見せたい、妥協をするのは自分が嫌だ、踊ってる姿を見て綺麗、かっこいい、踊りが上手って絶対思われたい、みたいな、なんだろう、そうだな、そういった空気をすごくすごく…感じる…勝手に…そうだと思い込んでる節がある。自分がダンスやってた時思っていた気持ちもあるけどまたそれは別の話だ、別だ別だ!

みやちかくん本人の口からダンスは自分の武器。っ言っているから本当に武器なんだろうなぁ〜実際にその武器に思いっきりやられて今こうなってしまってるしなぁ〜。でもこだわりを本当に感じる、鏡の前でたっっくさん練習してここの手の動きはこうした方が相手には綺麗に見える、ここはもう少し強めに止める、とかなんかそういう小さなこだわりの積み重ねたっくさん感じた(ような気がした)んだよ〜。見ててずっと楽しかった。

おどってる姿を見ていたら瞬きすら惜しくなってしまうんですよ、瞬きしたそのコンマのタイミングで振りの中に可愛いアレンジいれたり、かわいい口ずさみ方してたり、はたまたすっごく色気ムンムンな表情を一瞬だけドバッと出したと思ったらいつもの宮近くんに戻っていたり…瞬きできないし瞬きしたくなくなるし双眼鏡も手放せないし他の人みたいのに目を逸らしたらもったいない、この人の踊ってる姿を両眼から1秒たりともこぼしたくないってほんっとうに思うんですよ、思ったんですよ。これ思った時にかなりやられてるなって正直めちゃくちゃ思った。かなりやられてる。

あとは本人も言ってたけどダンスが力強い。そしてキレがある、音の発注に対して120%でハメてくる音ハメ、すごい、関節からその音が出てるかのような動き。あと本当に強い、強くて四隅にピッピッピッって感じで強い、オセロ強そう、あとほんと四隅に強くてたまに卍みたいになってる時ある、卍か!?!卍なのか!?!っていうくらいピッピッピッしてる。卍とか出みたいになってる時ある。ムンウォの膝ついて立ち上がる時とか出みたいになってるよ、角度が90度。すごい。見てて気持ちがいい。図形をしっかり書きたい理系的には(?)気持ちがいいよね。整っているのすごい。はーー、すごい。まだ書きたいことがあった気がする、多すぎるな、きりがない。あと書き始めるとえび座の感想になりそう、えび座の感想は後日にまとめるって決めてて書き始めてるけど言いたいことが多すぎてまとまらないないナイアガラの滝…はやくまとまるといいな…唐突に終わります。そしてポエムではない、語り厨失礼しますだった。