読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おこめとからあげ

勢いだけで今を生きている

ユーリ!!! on ICEを見たジャニオタ

いや本来だったらユーリ!!! on ICEにハマった女がジャニーズを見たって文を書く側に立ってた人間がまさかこのようなことになるとは…

私は元々アニメが好きだった。大好きだった。ジャニーズは嫌いだった。でもキスマイにアニオタひとりいたからキスマイはまあいいや(何目線だったんだよ)みたいな気持ちの二次元しか愛せない女だった。立体を愛せない女だったけどまあ色々あってジャニーズのオタクになってしまって立体に尊み感じてるオタクなんですけど〜!!! ちょっとここ最近あまりにもTravis Japanの宮近海斗くんのことを毎日考えすぎててやばいんじゃないかってなにかに怯えて、ちょっと視野を広げたいとか見るものを分散させたい、何か宮近くんと関係なさそうなものにゆるくハマりたいみたいな軽い気持ちで二次オタだった頃の友達たちが騒いでたユーリ!!! on ICEというアニメを見ることにした。突然。動機は宮近くんのことを考えすぎてる自分の目線を1回休ませたいの気持ちだった。

私はカタカナが嫌いなので「うわ、外人がアニメに出てくる、名前覚えられる自信ないわ」って思いながら見始めた。見てくうちにどうやら第二の主人公的な男、ヴィクトルニキフォロフに対して何か既視感を感じた、既視感……

あれ?

ヴィクトルニキフォロフ、仲田拡輝に似てない?

あれ?????似てるよな????


f:id:okometokaraage:20161125195112j:image

 

似てる(確信)


f:id:okometokaraage:20161125195204j:image

これとかやばい、このヴィクトルニキフォロフってやつがスケート滑ってる時がこの前の少年倶楽部のsnow×3の仲田拡輝にしか見えない、あれ、、、、ジャニーズ見過ぎてやばい息抜きの気持ちで見始めたアニメでジャニーズの影を感じる…なんで………困った………

2話見ても3話見ても4話見ても………見ても見てもだんだんヴィクトルニキフォロフの中の人は仲田拡輝なんじゃないか、ヒロキが演技してるのでは?みたいな気持ちになってきた(中の人は諏訪部順一だよ)

まあそんな感じで見てたらお顔がかわいいのに口が悪い男の子が出てきた、ユーリ プリセツキーくんというらしい、あれ、、、、この声、、、どこかで聞いた好きな声、、、、

内山昂輝

私が一番好きな声優さんが出てるという話は知らなかった。。。。やばい。。。。というか普通に面白いなと言った感じだった。

それでまあ主人公の男の子が全日本代表だけどちょっとあんまり活躍できてなくてみたいな感じだったんだけど色々あってヴィクトルニキフォロフ(ヒロキに似てる人)がコーチになるっていうことになってその人が主人公の勇利くんにスケートの振りを教えるんですよ、テーマがエロスでエロスに沿ってる感じのめちゃくちゃセクシーで色気のある振り付けで、振りを作ったヴィクトルニキフォロフ(ヒロキに似てる人)は世界一モテる男と言われてるし多分たくさんの女を抱いてきてるしもう氷上の上で女を抱くような振りを作ってるわけですよ、似合ってるわ〜って感じなんですよ、その人が作る世界だなと思いました。そして振りを教えらる側の勇利くんは恋愛経験なし(童貞) 色気とは無縁、女を抱くなんてそんなにそそそそんな…!みたいな感じの子で…どエロい振り付けをつくる女を3桁抱いてる振付師が童貞に振り入れをするみたいないやいや振り入れる相手間違っとるわいそもそも童貞にそんなもん求めるなみたいな気持ちになったけど(?)

色々悩みつつも勇利くんは一応この曲、そして振り付けを見た時に物語が浮かび上がったって言うんですよ、自己解釈するんですよ、解釈厨だった。

エロい振り付けを「ある街に色男がやってきてその色男たちが街の女たちを虜にしていく。そして彼は街一番の女に狙いを定める。だが女はなかなか靡かず男と駆け引きをしていくうちに正確な判断ができなくなる、そして女は男に溺れる、女が男に溺れた瞬間に男は女を突き放し、また次の街へ行く…」

解釈厨の男だった…ヴィクトルニキフォロフ(ヒロキ似)の振り付けをここまで解釈する男…あとこの解釈に既視感を感じた、溺れる…???

Vanillaか?????????

ジャニーズのことを考えないように見始めたのにジャニーズがまた出てきた、Vanillaなのか??(Vanillaじゃない)

で、勇利くんは悩みながら練習に励んで、自分なりのエロスを探そうともがく。

私は勇利くんは色男に頑張ってなりきって踊るのかな、と思いながら見てた、でも違った。普通の人ならこの話振り付け、物語の主人公である色男になりきり演じるかと思ってた。

のに

なのに

勇莉くんがなりきろうとしたのは色男を誘惑し色男に溺れる街一番の美女としてこの曲を演じようとしたんですよ。衝撃が走った。。。

私は男の人が踊る時はその歌の中にいる主人公の男として踊るという固定概念が頭の中を蔓延っていたんだなと痛感した、そんなことがあるのか、曲を解釈して、解釈した上で主人公ではなく主人公を狂わせる方をあえて選び演じて、見てる側の人間を主人公として見立てて彼を見ている時に彼を自分のものにしたいと思わせて彼しか見えないように仕向けるようにするって、見てる側を物語の主人公として立たせるなんて、そんなことがあったのか…私はそんなことがあるという可能性にも気がつけなかったのか…とめちゃくちゃ盲点だった。

そして勇莉くんは見事に見てる人(今回の見てる相手はヴィクトルニキフォロフ(ヒロキ似))だったからヴィクトルニキフォロフを色男として見立て、自分はヴィクトルニキフォロフをひとめぼれさせるような美女としてこの歌、この振り、この物語を演じきって見事にヴィクトルニキフォロフを虜にした。

まあこんな感じでアニメを見て感動をして固定概念をぶっ壊して新たな視点を手に入れてしまったんですよ。そしてちょっと前の話に戻りますけど勇莉くんが解釈した内容がVanillaっぽいなって思った時にふと、「果たして宮近くんのVanillaはどっちの視点だったのか」っていう議題が私の中に浮かび上がってしまって、、、

宮近くんのことを考えすぎちゃう頭を休めたつもりだったのに新たに宮近くんについて考察する、見る時にあたっての角度をアニメを見たことによって増やしてしまった。。。。もうなに見ても宮近くんに繋がってしまうじゃん……病気だ………

 もっと君を魅させてはこっちが思ってたしそんな誘惑に溺れてもこっちが思ってたしもしかして宮近くんは誘惑に溺れてたと思ってたけど溺れてたのは私だったのではないか…???とかめちゃくちゃ考えちゃった、今も考えてる。思考回路がぐるぐるしてる。。。

これからもユーリ!!! on ICE見ようって思うし楽しみだし楽しみだなぁって思う。でも結局ユーリ!!! on ICEを見て思ったことはもう1回Travis JapanのVanillaが見たいな。だった。やっぱり私はもうジャニーズのオタクなんだな。